航空スポーツ

  • 気球
  • 自作航空機
  • 自家用飛行機・ヘリコプター
  • グライダー
  • 模型航空機
  • パラシューティング(スカイダイビング)
  • ハング・パラグライダー
  • 超軽量動力機(マイクロライトプレーン)


気球

世の中に誕生してから220年以上という最古のスカイスポーツ、気球。 一度フワフワと空中を漂う感覚を味わうと、二度と忘れられませんよ! さあ、あなたも気球で"空中散歩"に出かけませんか?


熱気球
熱気球 日本では国際的な競技大会が毎年開催されるほか、観光地では係留での体験飛行を行っています。また、気球の大きな球皮に会社の宣伝載せたり、動物やまんがキャラクターの形を球皮にしたシェイプドバルーンは人気があります。

ガス気球
ガス気球 「80日間世界一周」などで知られています。熱気球より静かで、長時間・距離と高い高度を飛行できます。残念なことに日本の空では飛行しておりませんが、外国では「ゴードンベネットレース」という有名なガス気球の競技大会が開催されています。

飛行船
飛行船 大きな球皮を会社の宣伝に利用したり、空から空撮行うなどの飛行をしています。また、ドイツでは2001年に1930年代以来の旅客を目的として飛行しています。世界では競技大会も行われています。




  豆知識
 
気球にはガス気球と熱気球の2種類あり、日本では熱気球のみ飛んでいます。ガス気球はヘリウムガスなどを気球内に充填して飛びます。熱気球はバーナーで気球内の空気を暖め上昇し、バーナーで空気の温度を調節したり排気弁から空気を排出して降下します。操縦するには日本気球連盟が発行する操縦ライセンスが必要です。

どこでみられるの?
毎年定期的に競技大会を開催している栃木県茂木町、同渡良瀬遊水池、三重県鈴鹿市、佐賀県佐賀市などで見られます。また、航空イベントなど日本各地で見ることも出来ます。

費用はどのくらい?
スクールライセンスで取得した場合
○ライセンス取得 : 60万円程度
○週末に飛行する費用 : 5000~1万円程度(1時間)
 
 
  もっと知りたい!  
日本気球連盟
E-mail : jballoon@sakunet.ne.jp
URL : http://www.jballoon.jp/