空の仕事

  • 海上保安官
  • エンジニア
  • バードパトロール
  • 航空保安業務
  • ブルーインパルス・ジュニア

航空管制運航情報官



飛行機が安全に空を飛べるように空港の状態など様々な情報を収集し、パイロットや管制官などに最新の情報提供を行い飛行機の安全運航を支えている人たちがいます。その仕事を行っているのが航空管制運航情報官(こうくうかんせいうんこうじょうほうかん)です。それでは、航空管制運航情報官にお話を聞いてみましょう。 航空管制運航情報官

仕事の内容を教えてください。

飛行機が安全に飛行できるように、飛行に必要な色々な情報を集めて提供することが私たち航空管制運航情報官の仕事のひとつです。例えば、毎日、滑走路に異物が落ちていないか車で点検し、飛行機の離着陸に支障がないことを確認しています。
また、パイロットから提出される飛行計画(フライトプラン)の審査、飛行機の駐機場所の調整、空港周辺での花火の打ち上げに係る調整、雪が降る空港では滑走路の除雪作業の調整なども航空管制運航情報官の大切な仕事です。 つまり、飛行機の安全な飛行を支援するスペシャリストとして、さまざまな視点から空の安全を守ることが航空管制運航情報官の仕事です。

航空管制運航情報官になったきっかけはなんですか?

小さい頃から飛行機が好きでパイロットになることを夢みていましたが、高いところが少し苦手なのでパイロットの夢はあきらめました。そんな時に航空保安大学校の存在を知り、いろいろと調べてみると、大好きだった飛行機に関われる仕事ができることと情報処理の分野にも興味があったので、航空保安大学校の航空情報科を受験しました。

航空管制運航情報業務をする上で、心がけていることを教えてください。

いざというときにきちんと対応できるように準備をしておくこと、またできるだけ相手の立場や状況を意識した情報提供やアドバイスを心がけています。そうした積み重ねのひとつひとつが安全な空を守ることにつながっているんだと思っています。

どんなときに、やりがいや喜びを感じますか?

いちばん嬉しいのはパイロットや運航者などから「ありがとう」といわれたときです。自分の提供した情報やアドバイスが安全な運航に少しでも役立ったのかなぁと思うと同時に、提供する情報の責任の重さも実感します。 また、普段人が入れない広い滑走路(長さが2,500m以上で幅が60mもあるんです。)を車で点検するときも、この点検が飛行機の安全な離着陸を守っているんだとやりがいを感じています。

逆に、いちばんつらかったことは何ですか?

不幸にも事故が発生してしまった場合の情報連絡も運航情報官における大切な業務のひとつですが、事故を防ぐために自分が何かできなかっただろうかと考えてしまうこともあります。でも、そういった後悔をしないためにも、積極的に情報提供やアドバイスをするよう努めています。

どうしたら、航空管制運航情報官になれますか?

高校を卒業して、航空保安大学校の航空情報科に入学し、2年間、航空管制運航情報官になるための基礎を勉強してください。その後、全国の空港に配置され、必要な経験を積めば、運航情報官の仕事をすることができます。

最後に、中高生へメッセージをお願いします。

いろいろな人とのコミュニケーションを通じて、自分の考えや意見をしっかりもってください。そして、自分の好きなことや興味のあることに積極的に挑戦してください。業務を通じて人と人のコミュニケーションが実感できる仕事だと思います。

航空管制官 航空管制運航情報官 航空管制通信官
航空管制技術官 航空灯火・電気技術官 飛行検査官
航空衛星運用官 航空保安業務トップへ

航空保安業務職員になるためには、航空保安大学校ホームページをご覧ください。